カードの真贋を見極めよう

投稿者: | 2019年4月24日

突然だが、下記のカードをご覧いただきたい。

MTGをやっている人ならば、知らない人はいないだろう。

BlackLotusだ。

BlackLotusは、アンリミテッド版であれば100万近く、ベータ版であれば価値は100万円を超える。

 

「本物」であればの話だが・・・・

 

MTGを購入する人の多くはオークションにせよ店舗購入にせよ「シングル」で購入する人が多いと思う。

高額カードも多く存在する。

せっかく買ったカードが偽物だったとしたら、そのショックは計り知れない。

最近では、メルカリやヤフオクなどでも、偽物と思われるカードが多く出品されている。

彼らの他の出品カードを見ると、そっちも偽物の疑いが強い。

つまり、「たまたま偽物が混ざっていた」のではなく、偽物と分かっていて売っている可能性が高い。

詐欺である。詐欺師に騙されない為にも、自分で真贋判定ができる様にならなければならない。

 

今回、以前購入したカードの束から怪しげな一品が出たので紹介したいと思う。

下のカードは、本物の可能性がほぼ「ゼロ」である。

 

カードが本物かどうかを見極める判別方法はいくつかある。

 

・表面の印刷の色合い、荒さ

・カード枠の濃さ(黒枠)

・カードの重さ

・ライトの透過具合

 

まず、「表面の印刷の色合い、荒さ」であるが、偽物の方が印刷が荒くなっている。そして、本物と比べ色合いが濃い、薄いなど、違いも見られる。

「カード枠の濃さ」は、中の絵がだいぶ薄れているのに、枠だけ妙に真新しい濃さになっているなど、パッと見で違和感を覚える。特に古いカードの偽物はこのパターンが多い。長い年月の劣化までは再現できないからね。

これら二つに関しては、真贋判定においてとても有効ではあるのだが、本物を知っている。あるいは持っていないと判定が難しい。

特に高額カード、写真にあるベータ版のBlackLotusなど持っている人なんてそうそういないだろう。

本物を持っていない場合、「カードの重さ」「ライトの透過具合」で判定するのが有効である。

MTGのカードは、foilでなければおおよそ1.70g~1.85g程度である。

自分が見た中で一番重いカードでもこの範囲に収まる。

ところが、偽物は1.9g前後のことが多い。印刷した紙をカードに貼り付けるので、その分重くなるのだ。

 

このモックス・ダイアモンドはパックから開封したので、正真正銘本物である。
1.8g以下である。色々テストしたが、エキスパンションによっても違うものの1.85gを超えるものはなかった。

 

 

「ライトの透過具合」は、一番楽なチェック方法である。スマホを持っていれば、ライトでカードを照らせば一発で分かる。

本物は、通りが良い。しっかりと光が透けている。

 

偽物は、透らないか通りが悪い。うすーく通しているはいるが、モックス・ダイアモンドと比べれば一目瞭然だ。

一度本物でチェックすれば、本物の透過具合がすぐわかるので、この方法でまず疑わしいならほぼ偽造と思って間違いないだろう。

 

それにしても、最近はパワー9やデュアルランドといった古いカードだけでなく、ヴェールのリリアナやカーンと言った新しいカードの偽造カードまで出回っている。

偽物を持ち続けるのは不毛だが、騙されない為にはこういった偽造カードの研究も必要になってしまっているのである。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です