貧弱カードを強化しよう①Wood elemental

投稿者: | 2019年4月15日

MTGにおける最強カードは何か。
「パワー9」それとも「ヨーグモスの意志」?
議論の分かれるところではある。では、最弱カードは何か。
「最弱」の基準であるが、マナコストと効果が見合わない。いわゆる「コスパが悪い」カードである。
例えば9/9のクリーチャーは戦場に出ていれば強いだろう。大抵のクリーチャーを倒せる。そのカードが5マナなら強カードとして認定されるだろうが、18マナとかになると弱いカードと言われるだろう。
クリーチャー以外の呪文でも、何に使うか分からなかったり、使いどころがあまりにも限定されすぎるカードも弱いとみなされる。

このコーナーでは、構築はもとより、リミテッドでも見向きもされないようなかわいそうなカードたちをスタンダード基準で強化転生(供養)することで救われないカードを成仏させてあげようというコーナーである。

記念すべき第1回目はこちら
Wood Elemental (3)(緑)

クリーチャー — エレメンタル(Elemental)
Wood Elementalが戦場に出るに際し、好きな数のアンタップ状態の森(Forest)を生け贄に捧げる。
Wood Elementalのパワーとタフネスはそれぞれ、それが戦場に出るに際し生け贄に捧げられた森の数に等しい。
*/*

――――

第一回目から、いきなりMTG最弱カードをあげてしまったが、今回は彼を強化してみよう。

ちなみに、Wood Elementalで検索すると、最弱だのカスレアだの出てくる可哀そうな奴。
Wood Elementalはレジェンドに収録されている緑のクリーチャーカードである。
基本タフネス、パワーは★/★で、戦場に出たとき、アンタップ状態の森を生贄に捧げると、その数のパワータフネスを持って出てくる。

まず、「アンタップ状態の森を生贄に捧げる」というのが厳しい。緑単デッキで6枚森が出ている状態で出しても、彼を唱えるのに森をタップしてしまっているので、生贄に捧げることが出来ない。
森が10枚戦場に出ていて、ようやく4/4である。(しかも森4枚を生贄え)
10マナ4/4、戦場に出たら森を4つ生贄に捧げるようなカードは絶対に使わないだろう。
まず、最初の強化ポイントはアンタップ状態の森を生贄に捧げなければならないという部分。デメリットとしてはあまりに大きい部分なので、ここを修正してみよう。

修正①
Wood Elemental (3)(緑)

クリーチャー — エレメンタル(Elemental)
Wood Elementalが戦場に出るに際し、好きな数の森(Forest)を生け贄に捧げる。
Wood Elementalのパワーとタフネスはそれぞれ、それが戦場に出るに際し生け贄に捧げられた森の数に等しい。
*/*

――――

これだとどうだろう。アンタップ状態の森ではなく、タップ状態の森も生贄に捧げることで、少しパワーアップを遂げた。
森が6枚戦場に出ていれば、全部生贄に捧げると4マナで6/6のクリーチャーを作ることができる。

うーん。これでもまだ全然弱い。今のカードパワーの基準から考えると、このバニラのクリーチャーを出すために土地を生贄に捧げることは考えられない。
縄張り持ちのアロサウルス」が4マナ5/5なので、少しでもこのレベルに近づけたい。
もう一回調整してみよう。

 

修正②
Wood Elemental (3)(緑)

クリーチャー — エレメンタル(Elemental)
Wood Elementalのパワーとタフネスはそれぞれ、あなたがコントロールする土地の数に等しい。
*/*
――――
これでどうだ。生贄など必要ない。
戦場に出た後も成長するファッティへと変貌した。
しかしカードパワーは上がったが、これで使いたいかと聞かれると微妙である。見様によっては強いのだが、所詮回避能力も持たないバニラ。
もっとテコ入れしないと結局押入れ行きだ。
何か実用的な能力を入れなければならない。

 

修正③
Wood Elemental (3)(緑)

クリーチャー — エレメンタル(Elemental)
トランプル
Wood Elementalのパワーとタフネスはそれぞれ、あなたがコントロールする土地の数に等しい。
*/*
――――
緑のファッティがもってそうなトランプルを付けてみた。
しかし、今までの彼の境遇から考えると、もっと強くしてあげたい。そうは言っても、マナコストを考えると、これ以上能力を足すわけにはいかないので、思い切って4マナではなく、5マナにしてみようか。
そして、緑と言えばトークン。トークンを生成する能力も足してみよう。

 

修正④
Wood Elemental (4)(緑)

クリーチャー — エレメンタル(Elemental)
トランプル
Wood Elementalのパワーとタフネスはそれぞれ、あなたがコントロールする土地の数に等しい。
あなたのアップキープ開始時、緑の1/1の苗木(Saproling)クリーチャー・トークンを1体生成する。
*/*
――――
これなら、中々強いだろう。トークン生成能力は新緑の魔力の劣化版ではあるが、コストパフォーマンスに優れているので、使いたい気になってくる。
ここまで来たらついでだ。流行のマルチカラーにしてしまおう。赤緑のマルチカラーにして、赤からも能力をもらおう。
あれこれ考えた完成系はこちら。

 

修正⑤完成系
Wood Elemental (3)(赤)(緑)

クリーチャー — エレメンタル(Elemental)
トランプル
Wood Elementalのパワーとタフネスはそれぞれ、あなたがコントロールする土地の数に等しい。
あなたのアップキープ開始時、緑の1/1の苗木(Saproling)クリーチャー・トークンを1体生成する。
苗木1つを生贄に捧げる:クリーチャー1体を対象とする。Wood Elementalはそれに2点のダメージを与える。
*/*
――――
どうだろう。赤らしくダメージソースも追加してみた。これでスタンダード環境でも見劣りしないカードパワーを備えた。Wood Elementalになった。

 

転生前                   転生後

それではまた次回!

スポンサードリンク



MTGの部屋はブログ村に登録しております。ぜひ投票お願いします! にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です